Made In Somewhere

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

link

SEARCH

OTHERS

みんなのブログポータル JUGEM

MOBILE

qrcode

SPONSORED

<< Lost in Translation in France | main | Bachelor Party in France (1) >>

スポンサーサイト

2006.09.16 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

Bachelor Party in France (2)

2006.07.23 Sunday

水上スキーとペイントボールを楽しんだ後は、またビーチでひと泳ぎして、
二個目のCharadeに挑戦。

次の目的地は、cafe


実はこのcafe、二年ほど前にパーティからの朝帰りで立ち寄ったことがあるcafe。朝八時にここで朝ご飯を食べて、ついでにワインまで飲んでしまったという、みんなの思い出の場所。


全員が共有する楽しい思い出をCharadeに含めてしまうこのアイデアには、ただ脱帽。

その後、


この原っぱからちょっと山道に入った途中にある岩に、ニコとエレ−ヌの頭文字であるHとNを彫って、記念作り。
もちろん小道具はすべてスーツケースの中に入っている。



そしてここでいよいよ最後のCharade。
着いたところは……

湖!


ここでのタスクは、この湖をボートで横切って、湖の中心にある島に隠されているワインボトルを見つけて帰ってくるというもの。

万が一転覆したとき用に、水泳帽のみトランクに入っている。(意味ないし!)



ここで無事長い長い旅は終了。

途中 牛に道を阻まれながらも、


エレーヌの実家に到着して、サプライズバーティが待っている。



ただ、エレーヌとニコはもう一仕事。

実はこの日に獲得してきたワインボトルはすぐ飲むのではなく、


小さい棺おけに入れて(手作り)、彼らが庭に埋めなくてはいけない。ふたには、今日のパーティに参加した友達からの書き寄せ。

二人に将来赤ちゃんが誕生したとき、また掘り起こしてワインとメッセージをエンジョイする。



これが本当に本当の、最後の仕事。


友情と愛情がいっぱいつまった、素敵な一日だった。


たぶん私が彼らだったら、号泣(笑)

| epsilon | France | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

2006.09.16 Saturday

| スポンサードリンク | - | - | - |

COMMENTS

mako (2006/07/24 12:45 PM)

どーも、おひさです♪
めっちゃ、おもろそうっ!!
みんなで考えて、ワイン隠しに行ったり、
準備がまたまた楽しそう!
んで、今は夏休みとかなの?

chietje (2006/07/24 2:45 PM)

懲りすぎやん!笑けるー!


ところで。
On beauty、うちも読んだよ。
Zadie Smith好きなんで。

epsilon (2006/07/25 4:40 AM)

★mako

ほんまおひさ!
元気してる?勉強忙しい?

日本にはこんなパーティないよなぁ。OZはBachelor Partyのみかな?
とにかくすごい楽しかった!

今は一ヶ月ほどおフランスでバカンスです。

★chietjeさん

On beautyは実はまだKippsが引越してきてからのpartyの最中で止まってるんですよ(どんだけ最初だよ

私は初Zadie Smithです。次は有名なWhite Teethを読もっかなと。

chietje (2006/07/26 1:30 AM)

うん、White teethのほうが、おもしろいよ。
何回も読んだ。

と、On beautyを読む気を失せさせるような
発言で、すんません。










TRACKBACK

url: http://misblog.jugem.jp/trackback/24
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.